Homeへ季節の話題     漢方の知恵袋バックナンバー
Home     
 
忘年会を乗り切るために    ●漢方の知恵袋●vol.020(2001/12/18) 
 
師走に入り、これから楽しい忘年会が目白押し。
えっ?もうどっぷり漬かって、すでにお疲れですか?
この時期は、忘年会、クリスマス、そしてお正月と暴飲暴食が続きがち。
度を過ぎると、二日酔いでお腹をこわすわ、風邪も引くわで後のツケが
大変です。 ここは、漢方の智恵で快適に乗り切ってくださいね。
==========================================================

●薬味や箸休めの料理を見逃すな●

身体がこなせる量を超えて暴飲暴食をすると、それらが体内に停滞して、
体内の流れが悪くなり、吐気やめまい、むくみ、頭痛などを招きます。
 
どんな種類の料理でも、薬味や箸休めのちょっとしたメニューがあります。
それらは以外にも消化を助けたり、利尿効果があったりなど優れた作用
を持っているものが多く、これらをちゃんと食べると身体がスッキリします。
昔からの知恵は侮れないものです。
----------------------------------------------------------

●寿司や生ものメニューでは●
生姜(しょうが)がたっぷり出されます。
生姜は、生ものの殺菌効果だけでなく、胃腸を温めて消化をスムーズ
にしてくれます。
生ものは身体を冷やし易いので、生姜をたっぷり食べましょう。

日本人のお酒の飲み方は、お酒自体のアルコール度が低い上に、水な
どで割って飲むことが多いので、飲むほどに身体が冷やされて、最後は
青白い顔になり、帰りに寒風に吹かれたりすると即風邪を引いてしまうと
いう「寒い二日酔い」パターンが多いようです。
生姜やトウガラシ、ニンニクなど身体を温めてくれる薬味が出されたら、
適量を食べておきましょう。

 《おすし屋さんにお願い》
冬場は、突き出しに、小量でいいですから、生姜をタップリのせた揚げだ
し豆腐とか、トウガラシのピリッと利いた煮しめなどをつくってくれると嬉し
いな。
木枯らしに吹かれてお店にたどり着いたとき、ほっと、身も心もあったま
って、もっと美味しくお寿司やお酒を楽しむことができると思うんです。
どうかおすし屋さん、お願いします。m(__)m

●こってり焼肉メニューでは●
焼肉や今人気の辛さが魅力の韓国料理では、野菜サラダや、かぶ、大
根、白菜などの浅漬けがうれしいところです。
これらは脂っこいものの消化を助けてくれ、辛さで火照った胃腸をさまし
てくれます。肉ばかり争って食べないで、しっかりこれらをお腹に入れて
おきましょう。
中国茶の類も、利尿効果があってからだがさっぱりします。

韓国料理では、梨のジュースがみられますが、中国の二日酔いの薬膳
では「蓮梨汁」といって、梨と蓮根のジュースをつくるそうです。
喉が渇いて身体が火照り、イライラする感じでどうにも身の置き所がない
といった「熱い二日酔い」におすすめ。今は梨が手に入りにくいので、蓮
根だけでも使ってみると良いでしょう。

ただし、「あちら」のお酒はアルコール度が50度以上というのがザラで、
水割りなどしないそうですから、二日酔いというと相当からだが火照って
いる状態なのでしょうね。
身体が冷え切って青白い顔をしているときはあまり必要ないかも・・・

●鍋メニューでは●
鍋の場合、あまりひどい二日酔いをしないのではないでしょうか。それ
は野菜などの食材がたくさん入っているからだと思います。 明日も仕
事だ、という方は、鍋メニューで忘年会しましょう。

ここで見逃せないのが、橙(ダイダイ)、ゆず、かぼす、すだち、レモンな
どの柑橘類です。
これらは、二日酔いや食べすぎで、胸がつかえたりムカムカしたりと、不
快感が胃部あたりに停滞して、下に降りて行かないといった苦しい状態
を改善してくれます。 

●肝臓を癒す●
「もやし」は、結構いろいろな料理の材料として登場します。
実は、もやしは良質の植物性たんぱく質が含まれていて、お酒で疲れた
肝臓を癒してくれます。「レバニラもやし炒め」など肝臓にバッチリ。

「大豆」は利尿作用もあるので、二日酔いのむくみ防止に役立ってくれま
す。韓国料理に使われる大豆もやしはいいですね。
肝臓といったら忘れてはならないのが、牡蠣(かき)。土手鍋なら肝臓に
もいいし、ミネラル豊富でストレスの解消にもいいかも。

そして仕上げは「しじみ」でしょう。温か〜い「しじみの味噌汁」を飲めば、

きっとあしたは元気になれるにちがいない。

●飲む前に飲む●
CMでよく聞くセリフですが、漢方薬を飲んで胃腸のウォーミングアップ
をしておくと、後が楽です。

 冷え性タイプで腹痛を起こし易い人は「安中散」
 普段から胃腸がくたびれ易い人は「香砂六君子湯」
 ちょっと風邪ひきそうかなという体調の人は「勝湿顆粒」
 脂っこいものや辛いものをガツガツいくタイプは
「温胆湯」や、「平胃散」+「黄連解毒湯」 そして「焦三仙」

●次の日に●
 やっぱり二日酔いだ〜というときに

「半夏白ジュツ天麻湯」(はんげびゃくじゅつてんまとう)
 ぐるぐるめまいがして頭が張って重く締め付けられるような痛み、ムカ
 ムカ、吐く、食べたくない、だるいなどの状態に
 
「温胆湯」+「黄連解毒湯」
 上の症状で、口が苦く、イライラして身の置き所が無い感じ、熱感があ
 る状態に

「半夏瀉心湯」(はんげしゃしんとう)
 胃はつかえやはきけがして治まらず、腸のほうは冷えて下痢や軟らか
 い便 またはすっきり便が出ないという状態に

「五苓散」(ごれいさん)
冷たいものを暴飲暴食して、むくみがひどくおしっこの出も悪い。喉が渇
 くが水を飲むととたんに吐きたくなるという状態に
 
「勝湿顆粒」」(しょうしつかりゅう)
 むかむか、吐気、下痢気味でむくみもある、寒気の少しあって、
 ちょっと風邪ひいちゃったかなという状態に 

==========================================================

酒は「少飲為佳」といって、少し飲めば身体によく、けっして二日酔いす
るほど飲んではいけないのです。
特に若年者のお酒は依存症にもなりやすく脳にも悪影響があるそうな
ので、注意しましょう。

中高年では当然、肝臓の解毒力、身体の回復力に時間がかかるので、
おいしい料理をメインにゆっくりと楽しんでください。
 
そして、きれいさっぱり今年の垢を落とし、気持ちよく新年を迎えましょう。
どうか、来年は平和でありますように。

==========================================================
ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局
や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用い
る漢方薬を決めてください。

Home漢方家ファインエンドー薬局 
当HPの全文、一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュース、グループ又は他のメディア等へ当方の許可なく転載することを禁止します。