体が重だるくなる梅雨の漢方養生


うっとうしい天気が続いて気分も落ち込み気味。これといって疲れることはしていないのに、からだが重だるく手足がついていることさえつらく感じてしまう。 睡眠時間は十分だと思うけど疲れが取れない、日中も眠いような具合が悪いような・・・

梅雨時は、体表からの水分の発散が阻害されて水はけが悪くなり、体内のあちこちで停滞が起こります。そのため体を動かしづらく感じてしまいます。手足はもちろん、胃腸が重くて食欲が落ちたりもします。胃潰瘍のトラブルが多いのも梅雨時だそうです。そしてこのころの風邪もなぜかおなかにきて下痢になりやすいのです。

冷やし過ぎに注意
冷房のあたり過ぎや寝ている間の冷えに注意。
ノースリーブやパンツ一丁はやめましょう。汗をかいた後も要注意。汗をかいた後に手足を冷やすと、とたんに四肢が重だるくなります。 ひどいと筋肉が痙攣して釣りやすくもなります。

食事の養生
生もの、水もの、冷たいものそして脂っこいものを食べ過ぎないことが大切。
香味野菜を活用しましょう。 お刺身などは小量を楽しみ、わさび、生姜(皮付き)、みょうが、防風、紫蘇、にんにくなどを必ず組み合わせてください。香りによって湿気で塞がった毛穴が気持ちよく開き体がさっぱりします。香味野菜の塊と言えば、カレー。カレーに含まれるハーブ類は芳香健胃作用があって胃腸の働きも良くなるし、辛味で軽く汗をかくと体内が軽くなります。

鶏の砂肝
臓物類は比較的消化がよく、胃もたれの心配がない。その中でも鶏の砂肝は胃腸の働きが停滞して食欲が落ちたり、食べ過ぎておなかが張ってすっきりしないといった症状を改善してくれます。(運脾消食作用)
砂肝メニュー(砂肝の中華ドレッシング漬け)
中華ドレッシング: 酢、しょうゆ、ごま油、酒またはみりん、トウガラシ を好みの量であわせる
砂肝は、一口大に切り、湯でこぼしてあくをとり、熱いうちにドレッシングに漬ける。できたら数時間おく。
みょうがやネギの千切りと合わせて食べる。

湿気に勝つ漢方勝湿顆粒(かっ香正気散)
天気が悪い日には、まず飲むとよい漢方薬。
湿気と冷えを払い、気だるさ、重だるさ、胃腸の不調を改善してくれます。いわば、体内のエアコン剤といったところ。旅行に出かけるときにも携帯するとよい。勝湿顆粒で体内をすっきり軽くしておけば、食べ過ぎや冷えなどのトラブルを予防することができるでしょう。

胃腸コラム
季節別養生コラム


ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください。

体が重だるくなる梅雨の養生
漢方Topへ


vol.31(2009/06/06)


【目次】
冷やしすぎに注意
梅雨時の食養生
鶏の砂肝
湿気に勝つ漢方



お問い合わせ  


 杭州にて

漢方の知恵袋コラム一覧

胃腸コラム
季節別養生コラム

 

Home漢方家ファインエンドー薬局    お問い合わせ
 当HPの全文、一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュース、グループ又は他のメディア等へ当方の許可なく転載することを禁止します。