人と顔を合わせた時などに「今日はどうしたの?」と質問したくなる場合、すでに顔色をチェックしていたりしますね。


●健康な顔色とは●
日本人の場合、僅かに黄色く、透明感があり、皮膚の底に「いい血液が流れているぞ」といった感じの紅色が見えて、潤いとツヤがある肌。

●夏に現われやすい顔色●
1)さえない痰黄色、ちょっとひからびたような、むくんでいるよう な感じ
夏ばてになると多くなります。
胃腸がバテ気味で、栄養が十分体内に取り込めず、エネルギー不足になっています。 少し貧血気味だったりもします。

2)色白のようだけど、ちょっとやつれた感じ
良質の血液が不足している状態です。 疲れやすかったり、立ちくらみがしたりします。 胃腸も疲れていると、1)のくすんだ黄色味を帯びてきます。

3)妙に紅い
暑さで汗をかき過ぎたりして体液を消耗した上に、体温も上がってくるとなります。ゆだんすると「熱中症」で命にかかわる事態にもなりかねません。

★対策
1)、2)は、体が冷え易いので冷房に注意。 冷たい飲み物や食べ物も小量づつにしておきましょう。
*おすすめ漢方:
1)六君子湯 補中益気湯など
2)婦宝当帰膠 帰脾湯 十全大補湯など

3)「熱中症」の応急処置
ここ数年の酷暑で、ニュースでもたびたびその犠牲となった話を耳にするようになりました。特に痩せている人、高齢者、炎天下でスポーツする時は要注意です。
*スポーツ飲料などで水分を補給する。スイカも良い。
*衣服をゆるめて熱がこもらないようにする。
*わきの下や首、足の付け根など太い血管が通っている個所をぬれタオルなどで冷やす。
*おすすめ漢方:麦味参 清暑益気湯 西洋人参など 

●その他の顔色 
4)白色:テラッと光ったように白くてむくんでいる。
「気」体内を推し動かすエネルギーが不足して冷え切っている状態。
大出血の後だったり、慢性腎炎、気管支喘息の人によく見られる

5)青紫色:青く灰色がかってくすんでいる。唇も暗い紫色。
血行が悪いタイプ。血液の貯蔵場所である肝臓や血液のポンプである心臓の疾患があることが多い。また、女性では筋腫など。

6)紅色:午後になると良頬が紅くて、火照る
体を潤う水分が不足している状態。夜になると手足も火照る。
痩せ型の人や更年期またはそれ以降の年齢になるとなりやすい。

7)陽黄:全身が鮮明な黄色
黄疸で熱(炎症)があるときになる。肝炎、胆嚢炎、胆石など注意。

8)陰黄:全身がどす黒い黄色
黄疸で体に寒(冷え)があるときになる。肝系のガンなどでみられる

9)レイ黒:くすんでいてどす黒い、灰暗または紫黒
疾病が慢性で長期化してる場合で、腎精が虚したり、血流が悪く なったときに見られる。
慢性腎疾患 慢性の心肺機能不全など 


毎日なんとなく顔をあわせている家族や自分の顔色は、以外に変化に気づきにくいものです。でも顔色は健康のバロメーター。たまにはじっくりみつめてみましょう。

皮膚、顔、舌関連コラム


ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください
顔色でわかる体の情報
漢方Topへ


vol.009(2000/07/11)


【目次】
夏に現われ易い顔色
「熱中症」の処置
その他の顔色


 お問い合わせ  



漢方の知恵袋コラム一覧

皮膚、顔、舌関連コラム


Home漢方家ファインエンドー薬局     お問い合わせ 
当HPの全文、一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュース、グループ又は他のメディア等へ当方の許可なく転載することを禁止します。