日焼け止めクリームの使い方・紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)ダメージ 


肌老化が進んでしまう紫外線ダメージ。
正しい日焼け止め対策で若々しい肌を保ちましょう。

◆日焼け止めクリームの使い方
指数を決定する試験では、かなり厚塗り状態で判定していると思ったほうがいいでしょう。
つまり日焼け止めクリームの塗るとき、薄く薄く伸ばしたのでは期待した効果を発揮しないかもしれません。しっかりした量を均一に塗り、日に当たりやすい部分はもう一度重ね塗りします。首などもしっかり塗っておきましょう。
汗などで崩れると紫外線が侵入してしまいます。3時間前後で塗りなおしたほうが良いでしょう。

◆日焼け止めクリームの選択について
敏感肌、光アレルギーの方は、自然由来成分が多いものを選択し肌ストレスを減らしましょう。
たとえば『光アレルギー』(光に敏感で紅斑や丘疹が発現する)は、光そのものにアレルギーなのではなく、体内または肌表面にある物質と光が反応して生じたものが抗原となって起こるものですから、スキンケア用品や食べ物についてもより刺激のないものをふだんから選択するようにしましょう。


◆日焼け止め指数『SPF』と『PA』

日焼け止めクリームやファンデーションの紫外線カット力をみる数値に『SPF』と『PA』があります。
『SPF』は紫外線B波(UVB)防御効果
SPF10〜30では屋外での軽いスポーツやレジャーに、
SPF30〜50であれば炎天下でのレジャーやマリンスポーツなどに
使えます。
『PA』は紫外線A波(UVA)防御効果
PA+、PA++、PA+++の3種類(+が多いほど防御効果が高い)

◆紫外線A波とB波の肌への悪影響

◆肌の真皮層まで届いて肌老化が進む紫外線A波(UVA)
肌をこんがり黒くする(サンタン)のは主にUVAの仕業ですが、雲や窓ガラスも通り抜けてしまうUVAは、肌の真皮層まで届いてその後の肌の再生トラブルを起こします。コラーゲンやエラスチンを破壊して肌の弾力を失いシワやたるみを引き起こす原因になります。

◆肌表面で炎症を起こす紫外線B波(UVB)
が赤くなったり、水膨れができたり(サンバーン)するのは、紫外線B波(UVB)によるものです。UVBはUVAよりも波長が短い分エネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけやすく炎症を起こしやすく、シミの原因になるだけでなくコラーゲンやエラスチンを破壊する酵素を発生しシワの原因にもなります。また皮膚ガンの原因の一つでもあります。ただし、波長が短いのでオゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少量といわれます。日常生活の中で、帽子や日傘を使うなどすればある程度の防御も可能です。


◆日焼け止め製品
紫根美容日焼け止め乳液マーベラUV50(SPF50 PA+++)
水のリスブラン日焼け止めクリーム
HI-Sミルキールーセント
(SPF40 PA++)


部位別コラム(皮膚、顔、舌)

ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください

日焼け止めクリームの使い方・紫外線ダメージ漢方Topへ


(2011/05/21)
美容Topへ←美容Topへ


【目次】
1)日焼け止めクリームの使い方
2)日焼け止めクリームの選択
3)日焼け止め指数
4)紫外線の肌への悪影響


 お問い合わせ  


 

参照)サプリメント一覧

◆日焼け止め製品
紫根美容日焼け止め乳液マーベラUV50(SPF50 PA+++)
水のリスブラン日焼け止めクリーム
HI-Sミルキールーセント
(SPF40 PA++)


漢方の知恵袋コラム一覧
皮膚、顔、舌関連コラム


Home漢方家ファインエンドー薬局      お問い合わせ
当HPの全文、一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュース、グループ又は他のメディア等へ当方の許可なく転載することを禁止します。