男性の元気(男性更年期、ED、男性不妊):ツルニンジン  


男性ホルモンの低下は30歳をピークにはじまり、仕事などによる持続的ストレス、頭脳労働による蓄積疲労がこれを助長するようです。そして男性ホルモンが減少すると、精神的、身体的になんともいえぬ不快症状に悩まされることがあります。
また、いまや5組に1組といわれるほど不妊症カップルが増加している昨今。結婚年齢も高くなり、結婚した時はすでに男性もホルモン力は下降気味かも。不妊症対策は女性ばかりでなく、男性も積極的に体質改善が必要でしょう。

男性ホルモンの低下によって発症しやすい症状

【身体症状】
男性ホルモン減少による性機能の低下(ED)
※悩む前にチェックしてみましょう⇒EDチェック(byファイザー)
【精神・心理症状】
疲労感、うつ症状、不安感、イライラ、不眠、性欲の低下
【循環器系症状】
のぼせ、ほてり、手足の冷え、動悸、息切れ、発汗
【感覚症状】
頭重、頭痛、めまい、耳鳴り


男性ホルモン低下は30歳をピークに徐々におこる
男性の、男性ホルモン(テストステロン)の低下は30歳をピークにじわじわとおこるので、性欲低下だけでなく、精神的、肉体的な漫然とした不快症状は、中高年期を通して比較的長い期間持続することが多いようです。


ここ数十年で半減した精子の量
精子の数は世界的に見て日本は最下位です。(2006年5月31日 読売新聞)
かつては環境ホルモンの影響も言われましたが、より忙しい生活環境となり、仕事のストレスやコンピュータに夢中になったりと精神的な緊張が持続して頭脳の疲労が重なることも精子数や運動率に悪影響があるようです。
また食事の不摂生による栄養の偏り、肥満も悪影響を及ぼします。若い時より10kg以上体重が増えたという方は要注意。

男性不妊の漢方的タイプ分類とED、不妊、男性更年期を乗り切るための養生法

ツルニンジンが精子形成促進作用
ツルニンジン
人参といってもキキョウ科のツル性多年草。根っこが薬用人参に似ているのでこの名がついています。韓国、日本、中国などに分布。昔から消腫、排膿、去痰、滋養強壮などを目的に民間薬として用いられています。
最近、韓国産ツルニンジン特有のサポニンとフェニルプロパノイドという活性成分が見つかり、2006年3月開催日本薬学会で発表されたデータによれば、動物実験でテストステロンの低下改善作用、性行動障害改善作用、精子形成促進作用、抗不安作用が報告され話題を呼びました。

ツルニンジンサプリメント
蟻健康法
食生活の偏りに


足腰、精力、老化コラム


ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください

男性の元気
漢方Topへ


vol.128 (2008/04/15)
不妊症


【目次】
1)男性ホルモン低下によって発症しやすい症状
2)男性ホルモン低下は30歳をピークに徐々におこる
3)ここ数十年で半減した精子数
4)ツルニンジン


 お問い合わせ  


 ツルニンジンの花

 参照)サプリメント一覧

漢方の知恵袋コラム一覧

足腰、精力、老化コラム






ツルニンジンサプリメント
蟻健康法
食生活の偏りに


Home漢方家ファインエンドー薬局     お問い合わせ 
当HPの全文、一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュース、グループ又は他のメディア等へ当方の許可なく転載することを禁止します。