中年からの尿失禁、尿もれ、頻尿、残尿感が気になる方のために


尿失禁とは、自分の意志とは無関係に尿が漏れ出てしまうことです。女性に多く見られ、40代以上になると軽いものを含めて2人に1人が経験しています。そのうち治療を受けたことがある人はごく一部といわれ、大部分が仕方がないとあきらめてしまっているようです。

・咳き込んだりくしゃみをすると漏れる
・思いっきり笑えない
・荷物を持ち上げると漏れそう
・尿意を催したとたんトイレまで間に合わない
・水の音を聞いただけで漏れる
・尿の出が悪く、1日中チビチビ漏れる
・膀胱炎になりやすく、体力がない
・どこに行った時もトイレを確認
・尿漏れが心配で運動もできない
・尿のにおいが気がかりで人と会うのも心配
・旅行に行くのがおっくう
・尿漏れが心配で、飲みたいお茶や水ものを我慢している


ペポカボチャの種子


  カボチャ種子エキスサプリメント

 カボチャの種子は、伝統医療では、駆虫薬、利尿剤、泌尿器疾患の改善や強壮剤として利用されてきました。
 ペポカボチャは学名をCucurbita pepoといい、pepoはギリシャ語のpeponからきているとされ、”太陽によって調理された”という意味です。 その栄養学的価値の高さから、昔の人々はペポカボチャを太陽の恵みと考えていたのかもしれません。  ペポカボチャの種子は暗緑色で、種皮が柔らかいのが特徴。 この種子からつくられた油はシュタイエルマルク地方(オーストリア東南部の州)では「農民の油」として、現在でも料理用として愛用されています。


女性ホルモンと尿失禁の関係
尿道粘膜は膣粘膜と同様に女性ホルモン(エストロゲン)によって厚みを保っています。そのため閉経によってエストロゲンが減ってくると、尿道粘膜も萎縮し、柔軟性を失って、尿道の抵抗性が弱まります。そのため尿が漏れやすくなるのです。
粘膜強化「紅沙棘」  
天然の女性ホルモン「イソフラボン」 
更年期障害  
また、粘膜が弱ると尿道や膀胱の感染症になりやすく、これが切迫性尿失禁の原因にもなります。 疲労を溜め込むと一層粘膜は弱るので日常の生活も無理をしないようにしましょう。

さらに、女性は男性に比べ尿道が短く、出産経験や肥満、運動不足などで筋肉が弱ると尿漏れを起こしやすくなるので、骨盤底筋を鍛える運動も取り入れるなど積極的に対処しましょう。


尿失禁の種類

@腹圧性尿失禁 
咳やくしゃみなどで漏れるタイプ。 
女性の尿失禁の7割を占めます。このタイプは経産婦に多いという特徴があります。妊娠により骨盤底筋群が伸びてしまい、骨盤内臓器がたれ下がることが原因です。また、便秘や肥満も腹圧が高くなるので失禁しやすくなります。 

B溢流性(いつりゅうせい)尿失禁 
排尿がうまくいかず、尿が膀胱内にたまってしまい、最後にはちょろちょろと漏れ出てくる状態。 
膀胱の中はいっぱいの状態なので尿もれは止まりません。 
骨盤内臓器の手術後で排尿が傷害された場合に起こります。子宮ガンの根治手術や放射線治療法を受けた後などに発症することがあります。男性では、重症の前立腺肥大症でみられます。カテーテルを用いて時間ごとに導尿する方法をとります。 

A切迫性尿失禁 
突然の強い尿意が起こり我慢できず、トイレに駆け込む間もなく漏れてしまう 
これは排尿をコントロールしている神経などの異常で起こります。 
膀胱は交感神経の働きにより常に収縮するようにできていますが、大脳皮質によってその働きは抑制されています。 しかし膀胱が反応過剰だったり、脳からの指令に異常が生じるとこのタイプの失禁が起こります。膀胱の反応過剰状態は、膀胱炎、膀胱結石、膀胱腫瘍などでおこり、大脳皮質の制御を乱す疾患としては、脳溢血、脳梗塞、パーキンソン病、脊髄疾患などがあります。 
切迫性尿失禁の改善のためには、原因となる疾患を早く治療しましょう。

高血圧、糖尿病、肥満症などの生活習慣病は、日ごろからの健康管理が大切です。
血流改善しよう

骨盤底筋訓練法
肛門と膣を5秒間しめたり、ゆるめたりすることを繰り返しおこなう方法。2〜3ヶ月後に効果が現れてくる人が多いので、コツコツ続けてください。 
骨盤底筋の確認: 
@おならを我慢するときに動く筋肉 
A排尿中に尿を止めてみる 
B膣の内側を締めてみる 
この3つを行うと骨盤底筋が実感できます。

肛門をしめ、さらに尿道と膣を5秒間しめ、その後、ゆっくり力を抜いてゆるめます。 
この動作を繰り返します。しめるイメージは、陰部にある骨盤底筋を内臓の方にスーッと引き上げる感じです。 
朝昼晩寝る前とそれぞれ10〜20回行います。
イスに座った姿勢、寝た姿勢、四つんばいなど、やり易いポーズでOK。毎日続けてください。   

・尿関連コラム

ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください。
尿失禁、尿漏れ、頻尿、残尿感漢方Topへvol.91(2014/10/11)


【目次】
尿漏れの症状
女性ホルモンとの関連
ペポカボチャの種子
骨盤底筋訓練法


 お問い合わせ 





漢方の知恵袋コラム一覧

*おしっこが近い(頻尿、多尿) 

Home漢方家ファインエンドー薬局    お問い合わせ 
当HPの全文、一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュース、グループ又は他のメディア等へ当方の許可なく転載することを禁止します。