化粧品を変えるなら生理後から


女性の肌は、生理周期ごとに変化します。肌状態を知って効率よくお手入れしてください。


生理中は、注意
生理出血中の約1週間は、体内の血液が減少し肌の抵抗力が落ちていてトラブルが発生しやすいものです。
垢こすりやスペシャルマッサージなどは行わない方が無難です。パーマやカラーリングも見合わせましょう。

肌にやさしい『陰』を補う化粧水でやさしくローションパックし肌のバリアを保護してください。
⇒漢方薬剤師が作った爽肌精『陰』を補う 爽肌精ローション陰

生理が終わったら、さあチャレンジ
生理が終わる頃から女性ホルモンのエストロゲンの働きで、肌がどんどん若返ってきます(卵胞期)。
栄養をたっぷり与える時期です。カサつきが気になる人はこの時期に栄養不足を起こすとますますカサつきがひどくなります。
美容液や栄養クリームのリッチなものを使ってお手入れをしてください。こすりすぎないためにも、たっぷり使って滑らかに肌に伸ばしましょう。美容液パックもお勧めです。顔の指圧やマッサージも定期的に行ってみましょう。

⇒爽肌精から
 爽肌精オリエンタルエッセンス
紫根美容法から 美容液ローヤルハイピンク  クリームモイスチャーナイトA

生理の一週間前あたりからは肌がべとついてきます。さっぱりめのお手入れに変えましょう。


「もう生理は関係ないわ」という年代の方へ
閉経後は急速に肌の潤いが失われていきます。
疲れを残さずいつも若々しい姿をキープするために手間を惜しまず、ケアしましょう。キーワードは「補腎活血」です。十分な潤いと栄養を補い(補血補腎)、血流改善(活血)を行いましょう。
化粧品だけでなく、食材も選択し、漢方薬やサプリメントの手も借りましょう。
話題の紅沙棘もチェック。

⇒沙棘オイル美容法からセ・サージ 
⇒紫根美容法から
ハイシルバーローション
美容液
ローヤルハイピンク  クリームモイスチャーナイトA

潤いを補う食材
血虚を補う
レバー、ほうれん草、人参、ローヤルゼリー、蜂蜜、クコ、なつめ、落花生、クルミ、ぶどう、りんご、豚肉、鶏肉、卵、牛乳、牡蠣、ウナギなど

陰虚を補う
ゆり根、蓮根、クコ、トマト、緑豆、きくらげ、椎茸、びわ、なし、レモン、オレンジ、バナナ、蜂蜜、菊菜、セロリ、すっぽん、牡蠣、鴨、ツバメの巣、牛乳、あさり、くらげ、イカ、魚類

夜食は控えて、十分な睡眠をとり美肌づくりに努めましょう。

皮膚、顔、舌関連コラム
漢方美肌づくり 

ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください

化粧品を変えるなら生理後から
漢方Topへ



【目次】
1)生理中は、注意
2)生理が終わったら、さあチャレンジ
3)「もう生理は関係ないわ」という方へ

4)潤いを補う食材

 お問い合わせ  

 

漢方の知恵袋コラム一覧

皮膚、顔、舌関連コラム
漢方美肌づくり 

生理前にはお手入れ法をかえる
血流改善
更年期のケア

しわ・乾燥・たるみ


Home漢方家ファインエンドー薬局      お問い合わせ
当HPの全文、一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュース、グループ又は他のメディア等へ当方の許可なく転載することを禁止します。