血瘀(お):血流がよくない

痛み、しこり、うっ血

漢方家ファインエンドー薬局

043-462-3226

営業時間9:00~19:00
定休日:毎週日曜日

痛み、しこり、鬱血症状は血流がよくない「血瘀(お)」体質

血流悪化度チェック

・頭痛、耳鳴り、イライラしやすい、肩や首筋がこる 
・目痛、眼底出血、目の下にクマができる 
・動悸、不整脈、締めつけるような痛み、刺すような痛み 
・冷えのぼせ、しびれ、感覚鈍化、神経痛、関節痛、筋肉痛 
・腹や足に静脈が浮き出ている 
・顔色が暗い、シミ、くすみ、皮膚がざらつく
・皮下瘀斑がでる、手のひらに紅斑がある 
・生理不順、生理痛、月経血が黒ずんでいる、月経血に塊がまざる 
・ポリープや腫瘍がある 
・舌や唇の色が暗い、紫っぽい、舌裏静脈が怒張している、歯茎の色が暗い

 

こんな時、血流悪化を招きます

ストレス、冷え、過労、中年以降、更年期、体力不足、病気を長く患っている、運動不足、食事の不摂生、生理前など

血流悪化と関係が深い病気

動脈硬化 高血圧 脂質異常症 糖尿病 
認知症 精神障害(うつ、てんかん、自律神経失調症など)が改善されない 
血管神経性頭痛  不眠 イライラ 
脳梗塞 脳血栓 脳溢血 半身不随 
関節炎 リウマチ 神経痛  筋肉痛 
肝炎 肝硬変 腎炎 
ネフローゼ 痛風 前立腺肥大 排尿障害 
生理不順 生理痛 不妊症 
皮膚掻痒症 アトピー 乾性湿疹 慢性じんましん 
慢性胃十二指腸潰瘍 慢性胃十二指腸炎 胆石 
ガン 各種腫瘍 ポリープ
 
ひとつでもこれらの病気を持っている人は、いつも血流改善を心がけることが必要です。

血流が悪化すると、 血中コレステロール、中性脂肪、血糖などの上昇、高血圧、そして活性酸素などにより血管の老化(動脈硬化)が進み、腎臓なども侵されてきます。 
さらに、血管中に血栓があちこちできると、それが細い血管を塞ぎます。その場所が脳や心臓であれば命にかかわる重大な病気となります。 
血液は、栄養や酸素を体の隅々まで届け、老廃物を処理工場まで運んでくれるトラックのようなものであり、そして血管は体を巡る道路ですから、この働きが停滞すると、体の各所で栄養不足と廃物増加が起こり、一気に老化が進んだり、ガンの掃除ができなかったりして様々な病気を引き起こします。
 

活血生薬「丹参(たんじん)」

優れた活血作用のある「丹参(たんじん)」は中国漢方最新医療現場においても、心臓、肝臓、循環器および 脳などの老化防止に切り札的存在。

丹参の主な作用

血管を拡張し、血流を増やす 血圧降下作用 血栓予防作用 血液粘度をさげる 血管を若く保つ 抗酸化作用 肝細胞再生促進作用 中枢神経に作用して鎮痛作用 抗菌作用 精神安定作用

ほかにも血流を改善する処方は症状に応じていくつもありますのでどれを選択するかよくご相談なさってください。

ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください