高プロラクチン血症と生理周期

漢方養生でリラックスし、なめらかな生理周期へ

漢方家ファインエンドー薬局

043-462-3226

営業時間9:00~19:00
定休日:毎週日曜日

高プロラクチン血症を漢方対策して元気な生理周期へ

プロラクチンとは乳汁分泌ホルモンのこと。
女性では通常授乳期に多く分泌され、乳汁を分泌させるとともに子育ての大切な時期に母親が妊娠しないように卵巣の働きを抑える作用があり、多くの場合妊娠中や授乳中は生理がきません。ところが妊娠中や授乳中でないのに、プロラクチンの分泌量が増えてしまうことがあります。

高プロラクチン血症が及ぼす月経障害 | ストレスとプロラクチン | 高プロラクチン血症の漢方的対策 | お問い合わせ

 

高プロラクチン血症が及ぼす月経障害

プロラクチンの分泌量が多くなりすぎると、
 
・排卵が妨げられ不定期排卵、過少排卵に陥りやすい。多嚢胞性卵巣 
・黄体機能障害。 
・卵子が育ちにくく、子宮内膜の増殖も不十分。 
・性機能低下をもたらすため性交時痛などもみられる。 
・生理前には乳房の張りや乳頭の痛みも強い場合が多い。 
・基礎体温表をつくると、体温日々の上下動が大きく安定感に欠ける。 
・低温期から高温期への移行もすっきりいかないことが多い。

その結果、生理不順、無月経、不妊を招いてしまいます。

 

ストレスとプロラクチン

妊娠しにくい状態にするのがプロラクチンの役目のひとつですから、妊娠しては困るような生活環境に身をおいているとプロラクチンの分泌は増えるようです。
 
たとえば忙しい生活環境の中、不規則な生活時間、めまぐるしい変化、ろくに寝る暇もない、または人間関係が円満でないなどという状況で、絶えず心配、不安、緊張、イライラの中にあると、脳は妊娠しないほうがいいと認識してしまうようです。働いている女性が多い現代、大きな問題です。
 
もしもこのような状況にあるならば、できるところから改善してみましょう。気持ちが静かにしている時間を確保するだけで、脳は落ち着きを取り戻します。


 

・気分転換の時間をつくり、好きな趣味や運動をする 
・午後からはあまり込み入った仕事はしないようにし、夜はゆったりと過ごす 
・1時間でも早く寝る 
・休める日は、ゆっくりと過ごす(たまった家事は午前中で済ます)

  ※年齢に応じた養生も大切です。 女性の生活養生法

また、子供や小動物をかわいいとだっこする瞬間にもプロラクチンはたっぷり分泌されます。二人目不妊の方などは注意が必要です。

 

高プロラクチン血症の漢方的対策

プロラクチンの分泌を抑える病院薬があるので婦人科で検査の上、服用してみましょう。ただし中枢神経に作用するためつらい副作用も多く、継続服用が困難な場合もしばしば見られます。
 
炒麦芽は、昔から断乳したいとき(乳児が成長し授乳を終えたいとき)に用いられたものです。麦芽とは、発芽した麦籾のことで胃腸にもよいので気軽に飲むことができます。 
あわせて、ストレス体質を改善するために理気作用のある漢方薬でサポートするとよいでしょう。病院薬と併用してもかまいません。


 

※隠れ高プロラクチン血症 
夜はプロラクチンの分泌量が増えるのですが、これが異常に高く、一方日中は目立つほど高くないという場合もあります。見落としがちですが案外悪影響を及ぼしています。この場合も麦芽や理気対策を行うとよい結果が得られています。

 

ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください