目の疲れ改善法

眼精疲労の回復には肝と腎を強化するものを補充するとよい。

漢方家ファインエンドー薬局

043-462-3226

営業時間9:00~19:00
定休日:毎週日曜日

眼精疲労、目のかすみを漢方対策

眼精疲労、目のかすみは老化のサインですが、ゲーム機やスマホ、PCの普及で今や老若男女問わず悩みの種となりました。「ひどい眼精疲労で、目の奥が痛いし、充血するし、かすむし、視力も日を追うごとに低下する一方・・・」 こんな悩みをもつ方が増えました。
 
眼球はたくさんの細い毛細血管によって養われてる部分です。  
そのため疲れると血流が悪化して、充血したり、目の奥が痛くなったり、また血液から十分な栄養が補われないため、潤いが不足して乾燥し、抵抗力がなくなってトラブルを起こしやすくなります。  
そして年齢とともに回復するのに時間がかかるため蓄積疲労から様々な症状を併発し、視力低下も著しくなります。 
漢方医学では、眼精疲労の回復には、血と陰(潤い)つまり肝と腎を強化するものを補充するとよいと言われています。

 

肝腎漢方

「杞菊地黄丸」は肝腎を補う代表処方。 目と体の疲労回復に。  
眼精疲労の回復に時間がかかる、かすみ目、視力低下、のぼせ、頭重、めまい、足腰もだるく疲れやすい、疲れが残りやすいという方に特におすすめです。
 
「婦宝当帰膠」 は、頭痛や肩こり貧血、めまい、冷え性、更年期などが気になる方に。 
当帰:セリ科の植物 香りはセロリに似ています。ビタミンA、B12、葉酸など多くの栄養素が含まれています。
 
【体験例】30代の女性  
しつこい眼精疲労と目の充血、目の下のくまがとれない。 痩せ気味で、肌はくすんだ感じ。血流が良くない状態も現われているので「杞菊地黄丸(蝋丸)」と血流を改善するために「冠元顆粒」を処方。  
飲んで2~3日から疲労感が和らぎ、充血もかなり改善したとのこと。
 
【体験例】白内障の60代女性 
体がほてりやすい体質なので杞菊地黄丸の仲間である知柏地黄丸を処方。以来白内障が進まず体調がよい。
 
【体験例】PC仕事の40代男性 
杞菊地黄丸を飲むと眼精疲労の回復が早いと職場にも杞菊地黄丸小粒や蝋皮丸を用意している。

 

目のツボと体操

中国式目の体操を下記のページに紹介しています。毎日、朝晩実行しましょう。 目の周りの指圧は眼球を圧迫しないように、気持ちよく感じる程度にゆっくりと行ってください。痛みがある時はツボを軽くさする程度でも効果はあります。

肩をはじめとして体の筋肉をほぐすことも大切です。 
息を吸いながらゆっくり肩甲骨をあげる。息を吐きながらゆっくり肩甲骨を下げ首筋を延ばすなどストレッチ体操。 
全身をリラックス:仰向けに寝て全身の力を抜く。万歳をした状態で寝返りを打つように左右にゴロゴロと動く。
 
ぼーっと遠くの空や緑を見てリラックスしてください。  
夜は部屋の照明を柔らかい明かりにして、目も気分も休めるようにしましょう。  
睡眠時間の確保も疲労回復に大切。


 

血と陰を補う「肝腎食品」で美しい健康な目を取り戻す

牡蠣、イカ、アワビ、豚肉、卵、ゴマ。松の実、クコの実などがおすすめ。 
目が充血するときは、菊花、セロリ、トマトを組み合わせるとよいでしょう。 
菊花は、目の疲れや充血をとって頭をすっきりさせてくれます。  
「飲む目薬」とも呼ばれる漢方「杞菊地黄丸」の構成成分でもあります。 
カロチン(ビタミンA)を含む緑黄色野菜もたっぷり食べましょう。カロチンは油で調理すると吸収がよりよくなります。

 

◆ビルベリー、DHA

ビルベリーとはブルーベリーの一種。有効成分のアントシアニンの量がブルーベリーの2~3倍含まれている。DHAは、脳や網膜の視神経の膜成分になります。学習能力や痴呆対策の研究が進められていますが、最近は視力に対する作用が注目されています。ただし、アントシアニンの効果は24時間で消えてしまうそうなので、毎日補充しましょう。

 

◆菊花茶

気分がイライラして血圧が上がりそうなときや、眠れないときにもおすすめ。ミルクティーにするとより心がゆったりと落ちつくでしょう。


 

◆沙棘油

粘膜や肌の膜を強化し潤いをサポートするビタミンAなどが絶妙のバランスで含まれている「沙棘(サージ)」という植物のバージンオイル。ビタミンAは油に溶けている状態で摂るほうが吸収が良く、また天然物として摂ると、偏って体内にたまるという心配がない。

ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください