多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と不妊症対策

元気に排卵する生理周期づくりを漢方養生で

漢方家ファインエンドー薬局

043-462-3226

営業時間9:00~19:00
定休日:毎週日曜日

スムーズに排卵できる体づくりが必要です

何らかの原因で排卵ができなかった卵胞が卵巣内に居残ると、それが中途半端にエストロゲンを分泌するので次の新たな卵胞の生育が妨げられます。
 
このようなことが続くと次々と小さめの卵胞がたまっていきます。その結果卵巣は肥大化し卵巣の膜(白膜)も肥厚してくるのでますます排卵しづらくなってしまいます。
 
こんな状態なら多嚢胞性卵巣症候群かも | 多嚢胞性卵巣になる原因 | 漢方対策 | お問い合わせ

 

こんな状態なら多嚢胞性卵巣症候群かも

一般的に思春期に始まり年齢とともに悪化する場合が多く、
 
・13歳で思春期の兆候がない、16歳で初経がない 
・思春期成長が始まって5年以上が過ぎても初経がこない 
・出産可能年齢で月経があったが、3ヵ月以上無月経 
・1年に9回以下の月経、月経パターンが不安定 
・太りやすい、あるいは太っている 
・多毛性早熟 
・頸管粘液が多い
 
このような状態で妊娠を望んでいる人は、婦人科検査を受けて卵巣の状態をチェックしてもらうとよいでしょう。

・超音波断層法

左右それぞれの卵巣に小さな(2-9mm)卵胞がたくさん(10個以上)詰まっているのが見られます。卵巣体積が増えているのも観察できます。

・内分泌検査

テストステロンやアンドロステンジオン、DHEA-sなどの男性ホルモンが高値。なかなか排卵しないのでLHがFSHよりも高くなっています。インスリン抵抗性の高血糖になっていたり、プロラクチン値が上昇していることもあります。

※多嚢胞性卵巣症候群とは: 
月経異常があり、多嚢胞性卵巣で、男性ホルモン値が高く、LHが高い状態、FSHは正常値

 
 

多嚢胞性卵巣になる原因

近年、多嚢胞性卵巣症候群の人は増えているといわれます。その確かな原因は明らかになっていませんが、『体に良くない生活習慣』(食生活や生活時間の乱れ、それによる肥満、生活環境におけるストレス、心因性の問題など)によって性腺軸が乱れ、より男性ホルモンが多い状態(高アンドロゲン血症)に陥り、卵胞閉鎖を起こすといわれています。


 

※男性ホルモン値が高い:高アンドロゲン血症(アンドロゲンは男性ホルモンの総称) 
※卵胞閉鎖:卵胞発達過程のどこかで発達を止めてしまうこと


 

『体に良くない生活習慣』下では同時に、インスリン(血糖値を下げるホルモン)が効きづらい体質(インスリン抵抗性)になることも多く、インスリン分泌量が多い状態が続くので高アンドロゲン血症や卵胞閉鎖に拍車をかけます。卵巣では白膜の肥厚⇒排卵障害⇒持続的な高E2⇒高LH⇒高アンドロゲンと、悪循環に陥ります。PCOSと診断されない場合でも肥満していると(肥満によりアンドロゲン分泌が高まり排卵が抑制される)排卵障害や、またはピックアップ障害がおこって妊娠しづらいといわれます。


 

※インスリン抵抗性: 
筋肉や肝臓でインスリンが作用しづらい状態で、通常量のインスリンでは血糖値が下がりきらないため、大量のインスリンが分泌されることになる。インスリン抵抗性状態では中性脂肪、高血圧、動脈硬化を発症しやすくなる。

 

多嚢胞性卵巣症候群の対策

抱え込んでいる無駄な溜まりものを掃除して身も心もすっきりできればスムーズな排卵が行われることでしょう。


 

・悪循環のもとを断つためには生活習慣の徹底改善が必須

甘いものを食べる習慣をなくし、規則正しい食事時間、腹八分目、バランスの良い食事内容、運動によって代謝を上げ骨盤内の血流を促す、など生活習慣を徹底改善して、デトックスを図り理想的な体重をキープすることです。
ストレスを強く感じている場合も排卵リズムが乱されてしまいます。気分転換の趣味や運動を見つけてみましょう。


 

・漢方対策

主に理気活血、化痰燥湿対策を中心に行います(血流を促し無駄な脂肪の代謝を高め、骨盤内をデトックスして動きやすくする漢方対策)。サプリメントですがシベリア霊芝を用いることもあります。 また、生理周期を推進していくパワー不足(腎虚)があれば補腎剤を組み合わせて臓器の代謝アップを強化したりします。 
生理周期の乱れがあれば、漢方生理周期調節法も一緒に行うと、排卵期の動きがよりスムーズになるでしょう。

 

・クリニックでの対策

多嚢胞性卵巣状態では排卵誘発のコントロールが難しいのですが(クロミッドが効きにくくゴナドトロピンを使用するため卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になりやすい)、妊娠を望む場合は排卵誘発を行ってみて受精のチャンスを高めるようにします。インスリン分泌量が多い場合はインスリン抵抗性改善薬(メトホルミン)が使用されるようになってきています。

 

ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください