卵巣嚢腫と不妊症対策

20~30代で発生。漢方対策で卵巣をすっきり

漢方家ファインエンドー薬局

043-462-3226

営業時間9:00~19:00
定休日:毎週日曜日

卵巣嚢腫の分類と漢方薬養生

卵巣嚢腫とは、良性腫瘍のひとつで卵巣にこぶ(または袋)のようなものができた状態です。こぶ(または袋)のタイプによっていくつかに分類されています。 
上向きに寝てひざを立てお腹の緊張を緩めた状態で下腹部を押してみて、プクプクあるいはコリコリとした膨らみを感じたら婦人科で検査を受けておきましょう。 
卵巣嚢腫が必ず不妊の原因になるとは言えませんが、排卵した卵子のキャッチアップが邪魔されたり、摘出手術が必要な事態になると卵子の減少につながることもあるかもしれません。また手術しても再発することがあるので、漢方養生で体質改善しておきましょう。

卵巣嚢腫の症状 | 漢方対策 | お問い合わせ

 

卵巣嚢腫の症状

自覚症状

卵巣は腹壁にくっついているので、腹壁が引っ張られて、つれるような違和感を覚えたり軽い痛みを感じたり、腰痛がでることもありますが、初期では自覚症状がとても少ないので見逃しがちです。20~30代に発生することが多いので、気になることがあれば婦人科を受診しておきましょう。 
大きくなると、卵巣がねじれて吐き気を伴うはげしい痛みを起こすこともあります。この場合はただちに摘出手術を行います。
 
婦人科では、嚢腫が2~3㎝であればそのまま様子をみますが、4~5㎝を超え鶏卵大以上になれば手術を考えます。(癒着部分をはがす、嚢腫部分だけを切り取る、卵巣摘出など)

卵巣嚢腫のタイプ

・卵巣表面を覆う上皮が袋状になって分泌物がたまったもの

漿膜性嚢腫:さらっとした黄色い液体が中に溜まったもの 
粘液性嚢腫:ゼラチンのような粘液がたまったもの
 

・細胞が増殖した硬いこぶのようなもの

成熟嚢胞性奇形腫:卵子になる細胞が異常分化したもの(膨らんだ卵巣の中に、髪の毛や歯、骨、皮膚などが含まれる)
卵子は何にでも分化する可能性を持っているので、受精もしていないのに異常分化が始まるとさまざまな形に変化します。
充実性腫瘍:悪性腫瘍の割合が高いタイプで腫瘍全体が充実成分(固形成分)で占められている腫瘍と、腫瘍の一部に充実成分があり、それ以外の部分を液体成分が占めているものがある。
 

・子宮内膜が卵巣で増殖剥離を繰り返すもの

子宮内膜症性卵巣嚢腫(チョコレート嚢腫) 生理周期に呼応して増殖剥離を繰り返すのでチョコレート状の血液がたまる(子宮内膜症の一種)

 

卵巣嚢腫の漢方対策

臓腑虚弱 腎陽不足 気血損傷 七情失調 風寒湿の侵襲 月経や産後の悪露を排出不暢による瘀帯など様々な要因から卵巣周囲の代謝が乱れて停滞し、その結果、肝鬱気滞・痰濁や痰阻血お、といった「たまりもの」ができた状態です。 
爽月宝+シベリア霊芝などを「掃除」対策として選択することが多いのですが、体の虚弱があればこれを強化して「掃除力」をアップする必要があります。よくご相談なさって体質にあった漢方対策を行いましょう。


 

シベリア霊芝(チャガ)

白樺の木につくキノコ類。チャガとも呼ばれサルノコシカケの仲間で、免疫力を高めるキノコの筆頭です。霊芝(れいし)はいくつか種類があって、白樺にできる霊芝は、デトックス効果も高く水はけも良くしてくれます。

ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください