40歳からの妊娠力(どう老化しているか)認識と対策

妊娠しやすい体づくりを漢方で

漢方家ファインエンドー薬局

043-462-3226

営業時間9:00~19:00
定休日:毎週日曜日

妊娠しやすい体づくりを漢方で

30代後半から女性の妊娠率は極端に低下するのですが、実際どのように老化しているのか理解しましょう。
 
そしてその老化を仕方がないとあきらめず、早めに漢方薬や普段の生活養生でしっかり若さを保ち血行の良い元気な体を作ることをおすすめします。
 
卵子、子宮、卵管の老化 | ART医療現場で直面していること | 積極的に漢方対策や生活習慣の改善を | お問い合わせ

 

卵子の数と質、子宮や卵管内の環境は

卵巣には卵子になる細胞が蓄えられていますが、初潮を迎えるころには20~30万個あると言われているものが、月に500~1,000個くらいは自然消滅して40代になると驚くほど少なくなっているのが現実です。残り1,000個で閉経となります。
卵巣の発育が良くない場合、年齢が若くても卵子数はずっと少ないこともあります。(現在では評価指標としてAMH抗ミュラー管ホルモンを測定します)
 
生まれる前から準備されていた卵巣内卵子細胞は、30~40年もたてば古くなり(酸化)タンパク質変性が起こり、卵子の透明帯や細胞膜は硬くなり、ミトコンドリアも老化し染色体異常や細胞質の変性が起こり、なかなか質の良い卵子に育つのが難しくなります。 
また30代からは動脈が硬くなるので(動脈硬化)、卵巣の血流量は半減し、元気な卵子が育ちにくくなっています。
 
血流量の減少によって子宮では、内膜が薄くなる、筋腫やポリープができる、子宮内腔の癒着などが起こりやすくなります。
卵管も老化するので卵管内の栄養不足が起こり受精卵の育成に支障をきたしているのではないかとの推測もあります。

 

ART医療現場で直面していること

40代では、ART(生殖補助医療技術・体外受精や顕微授精)を積極的に受け少しでも確立を上げることは必要なのでしょうが、強いホルモン治療の連続は40代の体に鞭打つこととなり生理周期の乱れを誘発し閉経に追い込まれてしまうことさえあります。 
レディースクリニックの現場でも、ホルモン注射の連続によって卵巣が反応しなくなり良い卵子が取れなくなる現実に直面しています。そのため、積極的なホルモン刺激治療を休む周期をとり、卵巣や子宮の回復を待つやり方が増えてきています。 
そして悪い生活習慣を改善して少しでも良い卵子が育てられるように体づくりをしてほしいと訴えています。


 

猶予がないからこそ積極的に漢方対策や生活養生を

つまり質の良い卵子を作ることはホルモン治療ではやってくれません。そして40代の現状を知れば、そのうちにとか体外受精さえ受ければ大丈夫なんだからとか、悠長に先延ばしにしている場合ではありません。
 
まず普段の生活習慣を積極的に改善し、漢方対策や運動、気分転換、鍼灸などさまざまな方面から元気な体を作る努力を惜しまないことです。そして血流が良く若々しい元気な体を作り直しましょう。

 

・血流改善

ヨガ、ストレッチ、体操、ウォーキングなどの運動を心がけ骨盤内の血流をスムーズに。 
タバコ、コーヒー、甘いものなども血流を悪化させるので控えるほうが良いでしょう。漢方薬には血流改善処方がたくさんあります。ぜひ併用しましょう。


 

・リラックス

ストレス(たとえば焦り、不安、悲しみ、そして悪い生活習慣そのものなど)によって体は自ら妊娠しないようにするシステムが働いてしまいます。 
なかなか妊娠しない状況で、精神的ストレスからの解放は難しいことですが、あまり思いつめず楽しく過ごすことを心がけましょう。子供がいない今日も明日もあなたの大切な人生です。 
漢方薬では気の流れを改善する処方があります。香りを楽しむことも気分を明るくするのに役立ちます。


 

・若返り

漢方の思想には不老不死を目指す考え方があり、中でも補腎剤にはその作用があり実際動物実験でも認められています。この分野においては中国医学の漢方処方には優れたものがあります。 
普段の生活でも夜更かしせず不節制によって体力を消耗しないようにします。また、お互い恋する気持ちを思い出すことも若返りにつながることでしょう。


(参考:2009年10月 全国中医薬研究会女性大会において医療法人財団足立病院中山貴弘不妊治療センター長講演 「40歳からの妊娠力」)

 

ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください