腎虚:成長、発育、生殖

老化、成長の遅い、生殖能力が弱い

漢方家ファインエンドー薬局

043-462-3226

営業時間9:00~19:00
定休日:毎週日曜日

老化、成長、生殖力のバロメーター

体の衰えとか性的に弱いことを意味して、腎虚(じんきょ)という言葉が一般にも使われるようになりましたが、漢方(中医学)でいう腎虚はどんな意味なのでしょう。
 
 
 
 
 
 

腎虚体質チェック

●子供の場合

歩くのが遅い、よく転ぶ、歯が生えるのが遅い、夜尿症、体が小さい
 

●青年期の場合

性欲減退、インポテンツ、初潮が遅い、無月経
 

●壮年老年期の場合

生殖機能の低下、閉経が早い、髪が白くなる、耳の聞こえが悪い、足腰が弱る、歯が弱る、歯が抜ける、排尿がスムーズでない、尿失禁
 
壮年老年でなくても腎虚だと、
下肢に力が足りず、歩行が困難、骨がもろい、背中や腰がまがる、足腰が疲れる、痛む
めまい、耳鳴り、ぼーっとする、頭痛、思考力の遅鈍、記銘力減退(物覚えが悪い、物忘れ、痴呆症、認知症)、
排尿障害(頻尿、夜間尿、尿漏れ)、遺精、早漏、流産早産しやすい、閉経が早い
息切れ、息が吸いづらい、呼吸が浅い
などがおこりやすくなります。
 
冷えるタイプとほてるタイプのどちらかに偏ることが多い。
腎陽虚(冷えるタイプ):顔色が青白い、寒がり、足腰が冷える、尿が透明、明け方にゆるい便がでる など
腎陰虚(ほてるタイプ):手足がほてる、寝汗をかく、口が渇き水分をよく飲む
 

生きる司令塔、生命の根本

『腎は精を蔵し、成長、発育、生殖を主(つかさど)る』

「腎」は「生きる司令塔」ともいえる部分。
これをあえて西洋医学的に表現すれば、視床下部から脳下垂体そして各部のホルモン的な連絡網、さらに骨髄の血液や免疫細胞をもコントロールしているところといえるでしょう。
だから「腎」がしっかりしている人は、スクスク育ち、若々しく生殖能力も優れ、そして壮年老年期の不快症状も少ないのです。
 
「精を蔵し」の『精』は『生命の根源』をなすものといわれ、これは親から受け継いだ先天的な生命力と毎日よい食事をすることで充実すると言われます。
したがって未熟児は先天的な不足がありますが、毎日の養生がよければ、これを充分補うことができるわけです。
 
生まれてからぐんぐん『腎精』が充実すると体は成長し、やがて男子は精子が作られるようになり、女子は初潮を向かえ排卵がおこり、子供を作ることができるからだになります。性欲も盛んになります。
 
やがて先天的な力は消耗し、食べ物による補給も追いつかなくなると、『腎精の消耗』が目立つようになり、『老化』がはじまります。
 

『腎は精を蔵し、骨髄を生じ、脳は髄の海たり』

西洋医学的にみても、腎臓はカルシウムを再吸収し、骨髄は血液や免疫細胞を作る役目を果たしている大切な部分です。腎精が不足すると血不足や免疫力の低下を起こしやすくなります。
さらに『脳は髄の海たり』というすごい表現。骨内に髄が充満し、ぐぐっと上昇して花開き、海のように深く発達した究極の髄が『脳』というわけです。
そのため腎虚の場合、足腰が弱く、乳幼児では脳の発達が遅れ、成人老人では脳の機能低下が早く現れます。
 

3)漢方の補腎剤は「若返り」を目指している

視床下部、脳下垂体うんぬんをいう以前から、『補腎』という考え方があったことは「中医学」のすごいところだと思います。何千年も前から、「補腎剤」で養生するとホルモン系が元気に働くようになり、性腺軸や免疫系がしっかりしてるのだから驚きです。
 
これは「不老不死」や「若返り」を目指した結果考え出された処方でしょう。成長を助け、そして究極の予防医学を実現するものだといえます。
 
代表的な処方として、地黄丸類(八味地黄丸、牛車腎気丸、杞菊地黄丸、六味地黄丸など)や参馬補腎丸、参茸補血丸、双料参茸丸などがあります。

 

ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください