陰虚:潤い成分が足りない

ほてり、寝汗、頬の紅潮

漢方家ファインエンドー薬局

043-462-3226

営業時間9:00~19:00
定休日:毎週日曜日

潤い成分がたりない「陰虚」体質

生物の進化の過程で海から陸へと進化した大きな鍵は、皮膚というバリアを獲得し陸上でも「海」を体内に維持することができるようになったことだそうです。
 
体内の「海」は栄養に満ち、細胞一つ一つを潤し生体反応がスムーズにおこなえるようにしています。そして「海」は体のラジエーターの役目も果たしています。活動すると温度が上がりますが、これをうまく冷まして恒常性を保つのです。
また、昼と夜の体の活動をイメージすると、昼間に体内を活発に巡っていた「陽気」が、夜は「静かの海」に戻って活動がひんやりと鎮まり眠りにつくといった感じです。
 
 

■海が消耗すると(陰虚体質チェック)

中医学では、この「海」を「陰」と呼びます。「血」もこれに含まれます。海が消耗した状態を「陰虚(いんきょ)」といいます。
 

●まず、潤い不足が皮膚や粘膜で現れます。

唇や口、のどの乾燥 水分を良く飲む、冷たいものをほしがる、鼻が乾く、目の乾燥、皮膚がかさつく、舌の苔は少ない など

●過労、睡眠不足、慢性病、胃腸虚弱などによる痩せ、老化などによってさらに「海」が消耗すると、十分にラジエーターの働きを果たすことができなくなり、熱感が現れるようになります。

手足のほてり(特に手のひらや足の裏)
寝汗をかく
のぼせ、微熱感、イライラ
頬部の紅潮
舌苔は少なく乾き気味で舌の色は赤みが強い など

●人によって体の弱い部分に不快症状が現れます。

寝つきが悪い 夢をみて寝た気がしない すぐ目が覚める
不安感 健忘 動悸 耳鳴り 頭がふらつく
頭痛 目の充血
渇いた咳 声がしわがれる 声がかすれて出ない
渇いた吐き気 胸焼け 食欲不振
便が硬くコロコロしている 習慣性便秘 老人性便秘
男性では性欲亢進するが精液が少なく快感がない
女性では月経過少、周期不定、不正出血 など
 
 

■陰虚改善症例

●中高年の皮膚のかゆみ

60代男性。膝から下が、紅く魚の鱗のようにゴワゴワし、梅雨時はしっとり湿っているような状態にもなり、かゆくてたまらないとのこと。
1年前当初は、消風散を使ってみたいとのことでしたが、秋からは乾燥するので、陰分を補う「六味丸」を一緒に服用していただきました。
その結果、回復は早まって、今では梅雨時でも「六味丸」だけで肌状態は良好。老化予防もかねて「六味丸」は継続中です。
 

●空咳が長引きやすく皮膚も乾燥

30代女性。カゼをひくと決まって咳が長引く、肌も乾燥しやすくかゆみが出る、低温期が短かくなるタイプ。「八仙丸」を服用するようになったら空咳や痒みが改善しただけでなく生理周期の卵胞期も充実して排卵が14日で起こるようになりました。
 
 

●不妊症対策で

卵胞期(低温期)状態がスムーズでなく、口が乾きやすく、目も疲れやすいとのこと。
卵子を育てるためには、たっぷりの陰血が必要。「婦宝当帰膠」と「杞菊地黄丸」「亀甲や鼈甲」を服用していただいたら、低温期の状態が安定し、14日くらいで排卵するようになりました。

 

ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください