気虚:エネルギー不足

疲れる、冷える、カゼをひきやすい

漢方家ファインエンドー薬局

043-462-3226

営業時間9:00~19:00
定休日:毎週日曜日

エネルギーが足りない「気虚」体質

■新陳代謝が低い

動きが緩慢、疲れやすい、なまあくび、息切れ

■体が温められない(陽虚)

手足が冷える、寒がり、顔が青白い、排泄物がさらさらと薄い
尿量が多い、尿の色がうすい

■バリアが弱い

風邪を引きやすい
熱の上がり始めなどにすぐ汗がじわっと出てゾクゾク寒気がする

■保持する力が弱く、漏れやすい

すぐ腹をくだす、胃下垂、内臓下垂、脱肛、
尿がもれる、少し動くだけでじわっと汗をかく、生理出血がだらだら続くなど慢性出血

■水分コントロールができない

前記とは逆にスムーズに汗をかけない、尿がでない、むくむ

■栄養が行き渡らない

やせる、疲れやすい、持久力がない 眠い

気虚の養生法

補中益気湯や六君子湯、帰脾湯などが代表的な補気剤で、コツコツ服用しているとだんだん体が動きやすくなります。そうしたら運動量も増やして筋力をアップさせ新陳代謝を上げましょう。

前かがみにならないよう心がけよう

気虚の人は猫背の人が多いのですが、胃腸と肺の動きを妨げないことです。正しい姿勢で食事をよく噛んで食べ、肺を開く姿勢を維持して鼻から腹式呼吸をする癖をつけましょう。

朝は陽気が増す時間

朝早く起き、昇る朝日の中を散歩して、深呼吸すれば、「気」は倍増。1日の活力が養われます。

ついでに朝風呂

気虚の人は体温がなかなか上がってこないので、朝の動きが悪い。
散歩から帰ってきたら、その勢いで湯船に入り体を温めてみましょう。熱めのお湯で短時間。長湯は禁物。

疲れたら昼寝を15分

気虚の人はエネルギー切れしやすい。
無理しても効率は悪くなる一方なので思い切ってうたた寝をしてください。ただし短時間。すっきりして効率アップ。

温かいものを食べる

冷たいものはたしなむ程度にし、温かいものを良く噛んで食べましょう。
大食いできるタイプではないので、1日4~5回に分けて少しづつ食事をとり、しっかり消化し、確実にエネルギーを取り込むようにしてください。

運動

散歩や体操などを習慣づけ、徐々に運動量を増やして筋肉を増やしましょう。
 

気虚の月経過多または不正出血

気虚症状で血をとどめる力が低下すると、女性の生理に変化をきたす事があります。
早め早めに出血がはじまり、長々と続く。
出血の色はやや淡く、少量ずつ何日も続くことが多い。
くよくよと思い悩んだり、疲労がたまったり、偏ったダイエットなどでしっかり栄養補給されなかったりすると起こりやすい。
顔色蒼白、精神疲労、息切れしものうく、少食、あるいは動悸しやすかったり、腹に力が入らないなどの症状を伴うことが多い。
補中益気湯や帰脾湯などを用い、止血に田七人参を加えたりします。

 

 

ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください