日焼け肌の漢方対策とお手入れ方法

紫外線のダメージを受けた肌は、角質の潤い保持能力が低下しています

漢方家ファインエンドー薬局

043-462-3226

営業時間9:00~19:00
定休日:毎週日曜日

日焼け肌の簡単漢方的お手入れ法

 
 
 
紫根美容法・爽肌精を使って、日焼け肌の簡単漢方的お手入れ法をご紹介します。

 

洗顔はこまめに(予防)

肌から分泌された皮脂が紫外線などの影響で酸化して過酸化脂質となり、これにメイクやほこりが混ざって肌を刺激すると、角質が肥厚し透明感が失われます。
 
汗をかきやすい季節などは、朝夕だけでなくお昼も洗顔をして肌の汚れを洗い流しておきましょう。 泡立てネットできめ細かい泡を作るのがよりおすすめ。こすりすぎは禁物。すすぎは十分に。

 

化粧水:潤いを十分に与えましょう 化粧水パック

紫外線のダメージを受けた肌は、角質の潤い保持能力が低下し肌がかさついてゴワゴワしてしまいます。洗顔を十分におこなった後、肌が乾燥する前にすばやく化粧水を含ませたペーパー(ローションマスク)やコットンでパックしましょう。
 
5~10分ほど経ったら畳んだペーパーで優しくパッティングしてください。
 
紫根は、炎症をおさめ肌の回復を早めてくれるので、日焼け肌には必需品です。 
かさつく部分は、ローションと美容液を染み込ませたコットンで10分くらいパックするのが効果的。
 
乾燥感が強い場合は、まず爽肌精ローションで肌バリアに潤いを補いましょう。

 

ヒリヒリする日焼けは、爽肌精《陽》

敏感肌対応のノンアルコール化粧水「爽肌精ローション《陽》」をつけた後に爽肌精クリーム《陽》。カサつきが目立つときは、しっとりタイプの爽肌精【陰】を重ねてつけます。

日焼け(ヤケドも同じ)のヒリヒリは、空気を遮断するのが一番。オイルを塗ると灼熱感が治まります。沙棘オイル(紅沙棘)や、紫雲膏など油性軟膏もおすすめです。


 

養生法

ヒリヒリする日は、あまり肌に触りすぎないこと。
充分な睡眠で体と肌の疲れを取りましょう。
温めるのも良くありません。入浴は低温のシャワーでさっと済ませましょう。
辛いものを食べるのも控えてください。
 

 

美白効果のある化粧シリーズでお手入れを

 
化粧水(ハイシルバーローション)でパッティングした後、手のひらで肌に押し込みましょう。手で化粧水をつける場合は、手のひらに化粧水をとり馴染ませる操作を少なくとも3回行う。
 
 
 

 
美容液(ローヤルハイピンク)でやさしくマッサージ。リンパの流れに沿って、手のひらで馴染ませ、耳の前で指圧

ダブルパック

 
コットンにハイシルバーローションとローヤルハイピンクを染み込ませて気になる部分に10分ほどパックする


 

 

体の内側から

ジャノヒゲ

漢方生薬など

麦門冬(ばくもんどう):ユリ科のジャノヒゲの塊根。滋陰薬といって体に潤いを与える作用があります。夏の暑さで汗をかきすぎて疲れたときなどはピッタリ。日焼けでかさついた肌だけでなく体全体に潤いを与え、疲労回復もサポートしてくれます。 
「麦味参」などに含まれている
 
当帰(とうき):せり科の植物。血液に栄養を与え(養血)、血流を良く(活血)する働きがあります。その結果、皮膚細胞は豊かな栄養によって育まれ潤いのある美しい肌となります。日焼け肌の回復も促進されることでしょう。更年期や生理の不快症状など女性のトラブルに利用される漢方薬には必ずといっていいほど配合されている生薬です。
 
更年期ごろに、血流悪化やストレス、新陳代謝の低下により、頬にしみが現われる人が多くなります。当帰を含む漢方で気血の流れを良くしておくと、気分も体調もお肌も快適に過ごせます。
「逍遥丸」「婦宝当帰膠」など
 
沙棘フラボノイド:抗酸化作用と血行促進効果でくすんだ肌を透明感のある肌へ導いてくれます。 心沙棘

 

ビタミン

ビタミンA:皮膚や粘膜の再生を促し、強化します。 沙棘油