漢方美肌づくり 肌トラブル編

アトピー性皮膚炎などの肌トラブルをこころ、体内、皮膚から考える

漢方家ファインエンドー薬局

043-462-3226

営業時間9:00~19:00
定休日:毎週日曜日

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は表面だけの疾患ではありません。
皮膚は内臓の鏡。体内の偏りが肌に反映されているのです。

漢方薬は、体の偏りを改善し、ストレスを和らげ、身体全体の巡りを良くして、美しい肌を作るパワーを与えてくれます。
症状を押さえつける療法ばかり続けていると、肌の回復力は失われます。
漢方的考え方を取り入れて、より有効な養生法を実行してみましょう。

アトピーのあなたがふだん実行すると良いこと

体の再構築 肌は一日にして成らず こつこつ続けること

私たちの体は、ずーっと同じ細胞がそこのあって歳をとっていくのではなく、毎日すさまじい勢いで再生されています。つまり、明日のあなたは今日のあなたとは違う細胞で成り立っているのです。だから、明日の細胞を再生する準備を毎日じょうずに行えば、なりたいあなたになれる可能性はたっぷりあるのです。逆に、むちゃな生活を続けるならば、細胞の再生は妨げられ、症状の改善は無いか、または悪化するでしょう。

■夜10時~2時は眠っていましょう

目標睡眠時間8時間
体は日中活動し、夜再生します。
睡眠時間を削ることは、病気の体をつくること、そして寿命を縮めることと同じです。

■生活環境をできるだけ「自然」に

環境に免疫力を消耗するものが多くなってしまった現代、意識して「自然」を心掛けましょう。たとえば、冷暖房ばかりの生活をしない。(窓を開け、自然の変化に逆らわない生活を) 化学物質や人工のものを避けましょう。(たとえば食べ物、建材、電磁波)
極端な殺菌生活をしない。

■ストレス解消

適度のストレスは体を活性化するのに役立ちますが、積もり積もったストレスは気の流れを停滞させ、再生を妨げます。生活の中でいろんなことに挑戦し、好きな趣味を見つけましょう。
また、メリハリのある生活をすること。日中は活発に活動し、夜は落ち着いた雰囲気で過ごし十分な睡眠をとること。
ストレスで気がつかえてきたときは、鼻呼吸で腹式呼吸をゆっくりと数回実行しましょう。気血の流れが回復します。

■口は閉じる

私たちのエネルギー源は食べ物と空気です。 その入り口はどこでしょう?
食べ物は口、そして空気は鼻です。
当たり前だと思うでしょうが、このことをはっきりと意識してください。
口は、噛むことと消化液を出すことで、食べ物の消化を助け、胃腸に送るための臓器で、空気を浄化する機能は持っていません。(空気を浄化し肺に取り入れるのは、鼻。)だから、いつも口を開けて呼吸をしていると、たえず細菌感染を起こして体の免疫力を消耗してしまいます。
口は、食べるときと、声を発するとき以外は、開けてはならないのです。
喘息や鼻炎などのアレルギー疾患の人も、はじめは辛くとも、「口は閉じる」を実行して下さい。

■食事の改善

良いエネルギー源が体に入ってこなければ、体の再生力はアップしません。
そのためには、胃腸の機能を常に良い状態にしておくことと、食事の内容は大切です。
よく噛む。目標一口30回 両方の奥歯で均一に噛むこと
ゆっくり食べる
夜遅くに食べない
規則正しい時間に食事をおいしく楽しく摂る。
火を通したものを食べる。
自分の体温より高いものを食る。(冷蔵庫から出してすぐは注意)
旬のものを食べる。(自然の生命力をありがたくいただき、体の糧とすること)
加工品や冷凍食は控えめに。
甘いものを食べ過ぎない。

アトピーのお子さんを持つあなたへ

親の心配顔を見て育つアトピーの子供は、自分が悪いと罪悪感を抱くようになりがちです。 そのストレスが痒みとなり、掻くことで皮膚の回復は遅れ、さらなるストレスとなります。 少し成長して、自分で薬やクリームを塗れるようになると、親に患部を見られるのを嫌い、一人で悶々と悩やんだり、また逆に親のせいにして自己逃避し、自分から皮膚を治す努力をしなくなることもあります。

むやみに、暗くならないこと、心配しすぎないことです。 子供の意見は尊重すべきですが、子供の顔色をうかがっているようではかえってマイナス。 お互いに意見を言い合える関係をつくりましょう。

子供の肌に触れる親の手---これが本当の「手当」です。スキンシップの機会を与えてくれる子供に感謝しよう。そして、普通肌のこどもより、たくさん親の手に触れてもらえる子供は幸せ。

■夫婦間の理解を十分に

アトピーや喘息を持った子供が成長し、今や次世代の子供の親となっています。 産まれてきた子供がアトピーを発症した場合、アレルギーを持っている親が、必要以上に自分を責めているケースがみられます。

「自分が何とかしなければ」と育児のすべてを背負い込んだり、また、パートナーが子供を心配する姿を見るだけで、「暗に、私のことを責めている・・・・」と思ってしまったり。結局、そのストレスは子供にプレッシャーを与えてしまいます。

まずは、夫婦で十分な話し合いを。
祖父母や親戚への気遣いもあったりするので、夫婦はしっかりスクラムを組みましょう。

赤ちゃんをアトピーになりにくい人に育てよう

これから赤ちゃんを育てる方、妊娠中の方、授乳中の方、離乳を急いでいる方に

■私たちは哺乳類

人はなぜ哺乳類と呼ばれるのでしょうか?
哺乳類と呼ばれる動物の成長には、「お乳」が必要であり、「授乳期」が育つためにもっとも重要な期間だからです。この期間を端折っては、生きて行く強さを持った動物には育ちません。
哺乳類の中でも、特に人の場合かなり早産で生まれ出てくるので、臓器が未完成で、完成するまでに約1年を要します。つまり、この期間がお乳が必要な期間「授乳必要期間」です。

■授乳必要期間の腸はお乳の為だけのもの

この時期の赤ちゃんの腸は、選別ができない目の粗いざるのようなもの。
そして消化液も充実していないので、胃腸に入ってくる食物は、ほとんど消化できません。
それは、お母さんのお乳の栄養分と免疫抗体IgG(高分子タンパク質)をどんどん体の中へ取り込むために用意された腸なのです。
お乳の為だけの腸ですから、お乳を充分与え、お乳以外を与える必要はありません。授乳必要期間に与えることのできるものは、お乳、白湯、砂糖水、コーンスターチ、片栗粉、葛粉。
離乳食を急ぐと、消化できないタンパク質が体内に入ってしまうため、アレルギーの原因となります。ジュースも要注意。果物は酵素タンパクを含んでいるので、アレルゲンとなる可能性があります。 生エビ、そば、ピーナツは、1歳未満にはけっして与えないようにしましょう。

■1~2.5歳の間にゆっくり離乳を行えばよい

ほっておいて一生お乳しか飲めないで終わった哺乳類はいません。歯が充実してくれば自然に固形物を噛んで食べることを欲するようになります。ここは、ゆったり構えて神経質にならないこと。親のおおらかな姿が、食の楽しみを子供に教えることになるでしょう。

■ペットにアトピー、なぜ?

自然界で暮らす哺乳動物にアトピーはないそうです。
ところが、人間に飼われているペットにアトピーが見られるようになりました。なぜでしょうか?
動物とは違う、人の育児方法で育てるからで、つまりは、現代の育児方法に問題があるということになります。授乳必要期間が完全に終了しないうちに、親から離し、人工の食物を与えて、アレルギーの体をつくっているのです。
つまり、お母さん方が競うように離乳食を急ぐことは、いかにたくさんのアレルゲンを体の中につくらせるかを競争しているようなものなのです。

■妊娠中の食べ癖が子供にツケ

好きだからと同じものを多く食べ続けると、それがアレルゲンとなることがあります。
なぜなら、妊娠中のお母さんの腸は、通常よりも吸収されやすい態勢になっていて、未消化のものも侵入しやすいからです。赤ん坊の為にと、どか食いするのも良くありません。
よく噛んで食べる。(噛むことで胃腸の働きが正常になる)
規則正しい食事時間。(1日3回以上の食事。空腹時間が長くなると、その後で食べたものが未消化のまま吸収されることがある)
まんべんなくバランスのよいメニューで楽しく食べる。

 

アトピーのあなたに

あなたのすべてを受け入れよう。
あなたはきっと思慮深い人だと思う
あなたは他人を思いやることができる人だと思う
ケースは違っていても、つらさがどんなことだか知っているから
うれしいことがどんなにうれしいことだか知っているから。
何も知らずに過ごす人のどんなに残酷なことか
でも、どんな人でも、早かれ遅かれ、やがてそのことに気づく
あなたは、人よりちょっぴり早く気がついた。
人はいろんなことを悩む
この人は、このことをひどく悩み
あの人は、そのことを気にもかけない
悩みの物差しは千差万別
考え方をちょっと変えてみれば
まったく違う自分になることもできる。

五行草入り洗顔フォーム&ボディーソープ

  • 生薬の働きで洗いながらスキンケア
  • アミノ酸系 弱酸性
  • パーム、サトウキビからつくられた植物性
    界面活性剤を使用しています。
  • 天然保湿成分オリゴ糖を配合
泡で洗う爽肌精モイスト洗顔フォーム

洗顔のポイントはこすりすぎないこと。
きめ細かな泡が肌の隅々の汚れを掃除してくれます。

  • ※抗菌、洗浄、かゆみを鎮める作用のある配合生薬:五行草(馬歯けん)
     金銀花、黄ゴン、苦参、 茵陳蒿、丁字
  • ※潤いを育てる配合生薬:当帰、ハトムギ、甘草
爽肌精オリエンタルハーブボディソープ

  • ※抗菌、洗浄、かゆみを鎮める作用のある配合生薬:五行草(馬歯けん)
     金銀花、苦参、茵陳蒿、ハトムギ
  • ※セラミド成分の生成を促す作用のある配合生薬:当帰、桃仁、丁字、
     甘草

■五行草の働き

五行草(馬歯莧、馬踏菜)は、じゅくじゅくしている、腫れている、重苦しい痛みや違和感、なかなか治らず、ずっとそこに停滞している、かゆみ、ほてり、熱感があるなどの「湿熱」症状をよく改善してくれる生薬です。
中国では、皮膚病のファーストチョイス。
 

■オリゴ糖の働き

グルコオリゴ糖などの糖類は、お肌の善玉菌を増やします。善玉菌の分泌物が肌を弱酸性に保つのでアトピー性皮膚炎を悪化させる悪玉菌(黄色ブドウ球菌)は繁殖しづらくなります。

五行草入りローション&クリーム

爽肌精ローション
  • ノンパラベン、無香料、無着色(緑黄色は生薬抽出液の色)
  • 抗炎症、抗アレルギー作用のある生薬を配合し、セラミド分解に関係するブドウ球菌を押さえ肌トラブルを解消。
  • かゆみ、炎症、ニキビ、トラブルにお悩みの肌におすすめです。
    ※配合生薬:五行草(馬歯けん)、苦参、黄ゴン、黄連、金銀花、甘草、ハトムギ

乾燥する肌には、爽肌精ローション【陰】&クリーム【陰】(しっとりタイプ)をお勧めします。
炎症や赤み、じゅくじゅくがあって、乾燥する部分もあるときは、ローション《陽》をつけてからローション【陰】を重ねてください。
クリームは肌の乾燥度合いによって《陽》と【陰】を使い分けましょう。

入浴について

纏っていた衣類を取り去り、解放された状態で、水に帰る。
入浴は、心と体をリラックスさせるのに最適な方法です。
小児期くらいまでは、子と親が一緒に、体によい入浴剤を入れた湯に浸かって
ステキなコミュニケーションをはかることをおすすめします。

入浴時の注意

●石鹸とシャンプーは刺激の少ないものを選んで下さい。酵素入りは使わないほうがよいでしょう。

●お風呂の温度は38度くらいのややぬるめがおすすめです。

●こするのは禁物です。
ここぞとばかりにこすってしまいがちですが、泡立てた洗剤で手で洗う程度でよい。

●すすぎは十分に。
洗剤の洗い残しが皮膚に刺激を与える原因になることもあります。特にシャンプーは要注意。洗うときは先に洗髪を行い、その後で体を洗うようにすると、シャンプーの洗い残しが防げます。

●アトピーの肌は温度差にも敏感でかゆみを発してしまいます。入浴後の部屋の温度も注意しましょう。

●入浴後の肌の手入れは最も重要です。肌にあったクリームや軟膏を塗りましょう。

飲んでも良い五行草

五行草茶
  • 五行草茶
  • 60包(5000円税別) 徳用120包(7400円税別)

飲むためにつくられたエキスの粉末
1日 1~2包をそのまま又はお湯などに溶かしてお召し上がりください。1日5~6包(1回1~2包)飲むこともあります。

原料が天然物のため、色・香り等に多少の差が生じることがありますが、品質に変わりありませんので、安心してお召し上がりください。

ネット販売はしておりません。全国パンダマークのお店で直接お買い求めください。