小児アトピーはどこを改善すればよいか?対策と漢方薬:漢方美肌づくり  


あの人の肌がきれいなのは
「何つけてるの」「何食べてるの?」
素肌がきれいな人には、そんな質問をしたくなります。遺伝的な素因のほかに、生活の仕方のさまざまによって肌が違ってくることを認識しているからです。

「昨日寝てないから今日は肌がガサガサ・・・」
皮膚は健康な人でも体調、気候、食べ物などの影響を受けます。

このことは慢性皮膚炎に悩む人の生活を否定しているのではありません。アトピーという難治性の疾患は「ちょっと薬を塗る」という方法だけでは到底治るものではないということです。

あれこれつけたけど治らない
ちょっとした傷や炎症と同じように「つけて治す」という感覚でアトピーに向かうと、あれも効かない、これもダメの連続です。

皮膚炎が慢性化してしまうのは、そもそも皮膚のバリア力が弱いからです。外界の刺激を受けやすく、炎症を回復するのに時間がかかり、また次の刺激を受けて炎症を再発する・・・その繰り返しだからです。

順序よくじっくり元気な皮膚を「造って」いく養生が必要です。
皮膚の力が弱い体質ですから、「この炎症をどうしよう」ではなくて「元気な皮膚を造るためにどうすればいいか」そんな基本的なところから考えてみれば、解決策が具体化することでしょう。

小児の対策:胃腸を元気に
これまでの漢方対策の経験で言えば、小学生くらいまでの慢性皮膚炎は、胃腸を丈夫にする対策をしっかり行えば、治る力が増してどんどん回復するようです。(もちろん大人の場合も大切な対策です)

食べた物がきちんと消化され栄養としてしっかり体内で働いてくれれば、肌は順調に層をなし、やがて抵抗力のあるつやつやした肌が訪れます。
昨日と今日の皮膚は一見同じに見えても、どんどん入れ替わっているのです。回り道だと思わずこのことを実行してみてください。

「胃腸は悪くない」「ちゃんと食べてる」
そう言わずにもっと食べることを見直してみましょう。

良く噛んで食べる
ながら食いをしない
規則正しい時間に食べる
旬のものを選んでいる
夜遅くに食べない
毎日気持ちよく排便できる
乳幼児の場合は、決して離乳食を急がないこと

あなたがふだん実行するとよいこと

参考)胃腸の漢方
六君子湯、黄耆建中湯、健脾散(参苓白朮散)など
サプリメントとして麦緑素など

炎症が強い時は
あっさりしたもの、さっぱりした食事メニューを選びます。辛い物、味の濃いもの、消化の悪いものを控えましょう
睡眠不足厳禁です。
ハーブティーとして五行草や五涼華などもおすすめ。
皮膚対策のハーブティー
もちろん体を洗った後のスキンケアも怠りなく *アトピーの漢方対策

皮膚、顔、舌関連コラム


ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください

小児アトピーの漢方的考察
漢方Topへ


vol.129 (2014/10/22)



【目次】
1)あの人の肌がきれいなのは
2)あれこれつけたけど治らない
3)小児の対策


 漢方目次  
 お問い合わせ  




 

サプリメント一覧
漢方美肌づくり 


漢方の知恵袋コラム一覧

皮膚、顔、舌関連コラム


*アトピーの漢方対策
*汗疱の漢方対策
*ニキビの漢方対策
*あせもの漢方対策
*汗と肌トラブル(サラサラ汗とベトベト汗)
*イボの漢方対策
*皮膚掻痒症の漢方対策

漢方薬剤師がつくったスキンケア 



 漢方家 ファインエンドー薬局
お問い合わせ
当HPの全文、一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュース、グループ又は他のメディア等へ当方の許可なく転載することを禁止します。