皮膚そう痒(よう)症とは

40~50代からふえてくる肌の乾燥とかゆみ

漢方家ファインエンドー薬局

043-462-3226

営業時間9:00~19:00
定休日:毎週日曜日

皮膚そう痒症とは(肌の乾燥とかゆみ)

4,50代から多くなる悩みのひとつに肌の乾燥とかゆみがあります。肌の代謝が低下し、若い頃の弾けるようなハリやツヤがなくなってカサつき、こすれやすい部分が炎症を起こします。「老人性皮膚掻痒(そうよう)症」といわれたりします。
糖尿病や肝臓腎臓疾患がある場合は全身が痒くなります(全身性皮膚掻痒症)。
特に秋から冬には、水分脂分の分泌がいっそう低下して肌バリアが弱くなるため外界のちょっとした刺激でもかゆみを感じやすくなります。(乾皮症) 
衣類のこすれが生じる部分に発症しやすいのですが、風呂で体を洗うときについゴシゴシこするとますますひどくなるので控えましょう(特に下腿・背中など)。あまり掻きすぎると湿疹ができたり、角質が厚くなって象の皮膚のようにガサガサになったりして、回復が困難になります。

 

おすすめ漢方スキンケア

尿素やグリセリンでは、べたべたして全身不愉快になりがちです。使いごこちのよいスキンケア用品を選びたいものです。漢方生薬には、つけて肌のセラミド生成を促すものがあるので利用してみましょう。

 

1)入浴のスキンケア「爽肌精オリエンタルハーブボディーソープ」

ゴシゴシこすりすぎるのは禁物。良質のボディソープをよく泡立て、泡を肌になじませるように洗いましょう。

五行草(馬歯けん)などの生薬とオリゴ糖配合
「五行草(ごぎょうそう)(ばしけん)」はかゆみ対策におすすめの生薬。 
また、五行草、苦参、甘草、当帰、金銀花、黄連などの生薬にはセラミドの生成を促す働きもあります。

※オリゴ糖は肌の悪玉菌を寄せ付けず肌を弱酸性に保つ天然保湿成分です。


 

2)肌馴染みを十分考慮したクリームでお手入れを

お風呂上りの肌が乾かないうちに塗るのがポイント!

皮膚科漢方処方のクリーム。 
スーッと肌にしみこんでさらっとした塗りあがり。なのにしっとり感はしっかり。べたつかないのでボディ用にぴったりです。漢方処方の植物エキスのほかセラミドやヒアルロン酸、PCA-Naなどを配合し肌の保湿機能をしっかりサポートします。
カサつきがひどい場合は、瑞花露薬用保湿ローションをつけてからクリームをつけるよいでしょう。

※PCA-Na:ピロリドンカルボン酸のナトリウム塩 
皮膚に多く含まれ、NMF(天然保湿因子)として重要な役割を果たしている。非常に吸湿性があり、皮膚や毛髪に良好な湿潤性を示し柔軟性と弾力性を与える働きをもっている。

八ヶ岳の天然水(PWS)を使って作られました。 
敏感肌の全身に塗りやすいよう作られた全身用クリーム。なめらかな伸びがここちいい。

 

潤いを補うサプリメントと漢方

1)紅沙棘(ほんさーじ):沙棘オイル(サプリメント)

乾燥し老化した肌は、お風呂上りに水滴を元気にはじきませんね。 
沙棘オイルに含まれるβカロチンやビタミンA、Eそして各種脂肪酸は、丈夫な肌や粘膜をつくるのに必須。はじける肌をもう一度!

2)漢方対策で肌にツヤとハリを

働きの良い血が不足すると肌や髪の潤いが不足してきます。これを漢方用語で「血虚(けっきょ)」といいます。

血虚体質の改善に婦宝当帰膠などがよく用いられます。
 
年齢とともに、鼻やのどの粘膜も潤いがなくなってきた感じで、のどが渇きやすくお茶のみが習慣になってきた、肌も皮膚炎を起こしやすくなってきた、というならば陰虚体質の改善を。六味丸や麦味地黄丸(八仙丸)がおすすめ。

ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください