子宮筋腫の知識と漢方薬養生

生理出血の異変や痛みが気になったら漢方で血流改善しましょう

漢方家ファインエンドー薬局

043-462-3226

営業時間9:00~19:00
定休日:毎週日曜日

子宮筋腫を漢方対策

子宮筋腫とは、子宮の壁(筋層)にできる良性腫瘍のことで、子宮の外側に出っ張るもの(漿膜下筋腫)、子宮の壁の中にできるもの(筋層内膜腫)、子宮の内側に突き出すもの(粘膜下筋腫)があります。
発生は30代から増え、成人の4人に1人の割合で筋腫があるといわれます。
中医学的には血流の悪い状態が長年続くとできやすいと考えられています。実際、妊娠後など体力が落ちて血液が悪化すると筋腫の成長が早まることがあります。また筋腫1個より複数個になると成長が早まるといわれています。


筋腫にみられる自覚症状 | 漢方対策と養生法 | お問い合わせ

 

筋腫にみられる自覚症状

生理予定日が早くなって出血量が多い、出血量は少ないがだらだら続く
生理日以外に出血があり続く、出血に塊もある、これらのために貧血になる
生理痛、骨盤部分の痛み、腰痛や下肢の疼痛、腹痛や腹部膨満
おしっこが近い、おりものが多い、便秘
不妊、流産、分娩障害
 
発生割合が増えてくる30歳以上の情勢は、婦人科定期検診を受けておきましょう。
もしも筋腫が確認されたとしても、筋腫の悪性癌への転化率はとても低いので、あせらずじっくり体質改善してください。
 
筋腫に伴う不快症状や出血過多による貧血がひどい場合、病院では一定期間生理を止める薬剤処置をおこなったり、筋腫摘出手術をすることがあります。45歳以上なら閉経とともに筋腫が小さくなることもあるので経過観察する場合もあります。
 
いずれにしても、血流の悪い体質の改善(漢方薬やふだんの養生)をしっかり行い、さらに他の部分に血腫や癒着などが起こる危険を減らしましょう。術後の回復のためにも必要なことです。

 

漢方対策と養生法

子宮筋腫の漢方対策

下半身の血流改善が第一です。 
「桂枝茯苓丸」を用いることが多いですが、「血府逐瘀丸」や「芎帰調血飲第一加減」などいろいろな活血剤を体質に応じて使い分けます。 
筋腫がまだ小さく、すぐにも妊娠を望む場合は、漢方周期調節法を行いながら子宮内の環境を整えるようにします。
 
冷えは血流が悪化する大きな原因の一つです。冷え性の人はこれを改善する漢方対策も必要でしょう。生理時の漢方対策も行うとよいでしょう。

生理のたびに大量出血があったり、少量でも持続性出血が続くと体力が消耗してしまいます。その場合は「婦宝当帰膠」「帰脾湯」「十全大補湯」などを併用して、血液を補い体力を保つようにします。

 

生活養生法

・イライラしない。 
・メリハリのある生活で、気分転換 
・ストレッチ体操やウォーキング、水泳などの運動で、筋肉を動かし、血流をよくする。 
・下半身を冷やさない。 
・ゆとりのある下着で、血流を妨げないようにする。 
・特に生理中は、腹部を締め付けない。激しい運動を避ける。 
・座りっぱなしや立ちっぱなしを避け時々ストレッチをして骨盤内の血流を改善する。 
・睡眠時間を十分確保し無理はしないようにする。

 

 

ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください