「物忘れ」は現代病? 


ある程度の年齢になればよくあることとは言うものの不安は募ります。また以外にも20代、30代も気にしている人が多いようです。

「物忘れ」とは
すぐ忘れること。そして思い出そうとしても思い出せない。何かしようとして行動を起こしかけたとたんに、何をするんだったかわからなくなったりします。また、話をしているうちにはじめのテーマを忘れて、話の前後が違ってしまったりすることもあります。焦れば焦るほど思い出せない。
でも、その場でなんとか思い出せば、気にすることはありません。
そうは言っても、たびたびそんなことがあるとちょっと落ち込みますね。「自分は大丈夫だろうか?・・・」不安に駆られます。


物忘れを起こしやすい人のタイプ
1)ストレス、心労が重なると起こりやすい
いろいろと気にすることが多すぎる生活を送っている人によく現れます。あれこれと思い悩んだり、疲労がたまったりすると、気持ちが落ちつかず、ひとつひとつの記憶をしっかり整理できなくなってしまいます。
物忘れ以外に、顔色がさえずつめや唇の色がうすく、驚きやすい、不安感、不眠、夢をよくみて寝た気がしない、眠りが浅い、動悸などの症状を2,3伴うことが多い。さらに、疲れやすい、少食、声が小さい、女性の場合生理不順、不正出血などを伴うこともあります。

2)体力の消耗
たとえば、病気を長く患っている、下痢が長らく続いて体力が低下している、度重なる性行為で疲労がたまるなどで、痩せてしまったときなど。
生命力の源を消耗したような状態になると、体の基本的な潤い分が減ってしまいます(腎陰不足)。脳内も潤いを失い記憶の連絡が悪くなるのでしょうか。気持ちも落ち着ず、情緒不安定となりやすいようです。物忘れ以外に、手足や顔がほてったり、微熱を感じたり、喉が渇きやすい、寝汗、焦燥感、じっとしていられない、疲れやすい、便秘、腰やひざがだるい、などの症状をいくつか伴う。
1)と同じ、驚きやすい、不安感、不眠、夢をよくみて寝た気がしない、眠りが浅い、動悸などの症状も伴うことが多い。


「物忘れ」養生法
1)2)ともに、睡眠不足、心労、不摂生などが引き金となっています。
おだやかな生活時間を確保し、もっと「足が地についた」生活、「心ここにあらず」でない生活を送りましょう。
生活が便利になり、聞きたくなくても、膨大な情報が押し寄せてくる現在。しかし、じたばたしても人間がこなせる量には限りがあります。無理やり頭の中に詰め込もうとしてもオーバーヒートしてしまうだけ。いつも、食事や生活を「腹八分」でとどめ、体内の気血の流れが停滞しないように努め、記憶の余裕を保ちましょう。

漢方養生法
1)のタイプ
 心脾両虚の健忘:帰脾湯など

2)のタイプ
 心腎不交の健忘:天王補心丹など

また、急に物忘れが激しくなった時は、血流が悪化している場合があるので活血剤で対応しましょう。特に中年以降は、血流改善を毎日心がけたいものです。
参考)
血流改善しよう
眠れない
物忘れと脳の老化
アルツハイマー型と脳血管型

・頭、気持ち関連コラム一覧

ここに紹介する情報はごく一部です。お近くに漢方相談をしてくれる薬局や医院があれば、是非じっくり相談して自分のタイプを判定してから用いる漢方薬を決めてください

「物忘れ」は現代病?漢方Topへ



(2014/12/26)


【目次】
1)「物忘れ」とは
2)物忘れを起こしやすい人のタイプ
3)物忘れ養生法 


 お問い合わせ  


 

参照)サプリメント一覧

漢方の知恵袋コラム一覧


 参照)サプリメント一覧

頭・気持ちコラム

Home漢方家ファインエンドー薬局   お問い合わせ 
当HPの全文、一部の文章をホームページ、メーリングリスト、ニュース、グループ又は他のメディア等へ当方の許可なく転載することを禁止します。